So-net無料ブログ作成
検索選択

ブラック 借り入れ 取引 

信用情報機関という所がありますが、そこには氏名や住所などの個人情報はもちろん金融などとの取引内容や事故内容まで記録されているようです。

この信用情報機関の情報は加盟している会社なら見る事ができ、審査などに役立てている所が多いと言われています…信用情報機関の情報がそのまま審査可否に影響する所も多いので、信用情報機関に何か問題のある情報が記録されていればその時点で審査通過はできません。

加盟していないと開示をしない限り見る事はできないので、身近な人がそこにある情報を知るという事はまずないと思って良いでしょう。



信用情報機関の情報で審査可否が決まってしまうのは、銀行や大手金融だと言われています。

利用者が多いので効率化の為に機械で審査を行っているようですが、機械だと属性や信用情報機関の情報が審査材料となっています。

機械なので柔軟に対応してくれる事もないので、情報に問題があればその時点で審査通過はできないという事になります。

申込をしてもなかなか審査通過できる所がない人は、信用情報機関や属性に何か問題があり利用できない可能性が高いです…その場合、金融を見直す事で借り入れができる可能性があるので見直してみると良いでしょう。



見直すと言っても他の銀行や大手金融を利用しても意味はないので、見直す場合は中小金融を利用するようにしましょう。

中小金融は銀行や大手金融よりも審査が甘く借り入れしやすい所が多いので、利用できる可能性が高いと言われています。

中小金融は利用者が少ないので人が審査を行っているのですが、信用情報機関を確認して問題があっても気にせず審査を続けてくれます。

現状重視の所が多いのですが、現在の状況に問題がないと判断されれば情報に問題がある人でも借り入れできる可能性は十分にあります。



なので事故歴があってブラックの人でも借り入れは可能という事になるでしょう…実際にブラックでも借り入れ出来ている人は多く中小金融を利用して借り入れ出来ている人がほとんどです。

ブラックでも借り入れできる可能性があるのは中小金融くらいなので、ブラックの人や借り入れしやすい所を探している人は中小金融で申し込みをしてみると良いでしょう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。